白狸の小屋

slimblade trackballを4ボタン化

Posted on: 2010年11月5日

この記事はWindows向けですのでMacの方はご遠慮願いますm(_ _)m

ケンジントンのSlimBlade Trackballにはボタンが4つあります。

公式のSlimBlade Trackball Driverを入れれば4つとも使えるようになるんですが、こいつがWMPの操作とブラウザの拡大縮小、スクロールくらいしか機能が無いうえに他の操作を割り当てることもできないという仕様のためこのままだと実質2ボタンマウス状態なんです。

この縛りを回避する手段があるときいてやってみました。

用意するもの

Windows用公式ドライバ
SlimBladeTrackball_Win100.exe
ドライバのダウンロードURLの~Win103.exeを~Win100.exeに書き換えで入手できます。

とあるパッチ
パッチの公開されている場所ですが作者さんが
スレ外に広めないでほしいとのことなんでこれ以上はノーヒントで。
半分答えを言ってるような気もしますがスルーしてw

後はドライバをインストールしてインストール先のフォルダにパッチを突っ込んでEXEればConfigでボタンの割り当てができます。

詳しくは同梱されているreadmeを読んでください。
それでも使い方がわからない人は縁が無かったと思って諦めることを推奨。

Vista x64にて、この方法+かざぐるマウスで動作OKでした。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ついったーなう

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。